エコキュート

HOME > オール電化について:エコキュート

オール電化について

オール電化についてのカテゴリーを選んでください。

エコキュート

エコキュートの仕組み

エコキュートは「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」と呼ばれる給湯システムのことです。従来のオール電化住宅における電気温水器に対してより効率的・省エネルギーによる給湯を可能としたシステムです。

エコキュートにおいては、お湯を沸かす「ヒートポンプユニット」とお湯をためる「貯湯タンクユニット」の2つがセットとなっています。(電気温水器の場合は一つ)エコキュートでは、エアコンの室外機のようなものと、角型の貯湯タンクがセットされています。
この室外機は外の空気を取り入れて、その熱を吸収してその熱エネルギーを使ってお湯を沸かすというシステムになっており、電力と外の熱の2つのエネルギーにより効率的にお湯を沸かすことができるシステムになっています。従来の電力のみを使う温水器と比較してもお湯を沸かすのに必要となるエネルギー量は1/3程度に抑えることができます。

エコキュートのメリット

省エネ性能について
エコキュートは名前に「エコ」という文字が付くだけあって、非常に高い環境性能が期待されています。実際に、エコキュートには「エコキュート補助金制度」という制度が設けられており、二酸化炭素排出量削減を掲げる政府よりエコキュートを導入することで補助金をもらうことができます。(各市町村によって異なります)
エコキュートは、電気の力でお湯を温めるのではなく、空気中の温度を吸収することでお湯を温めるので、よりエネルギー効率の高い給湯システムです。そのため、電気温水器と比べても高い省エネ能力を持ちます。また、電力会社が余らせている深夜電力を活用することで、昼間の電気消費量を削減することも可能です。

経済的メリットについて
エコキュートの経済性は「オール電化のメリット」でも記載したとおりですが、光熱費をガス給湯器を使用している場合と比較して月額1万円程度削減できるといわれています(標準家庭の場合)。
通常、エコキュートを導入する場合、電力会社の深夜電力プランを利用することになります。深夜電力プランの場合、夜間の電気代が昼間よりも安い電気代で利用することができますので、大幅な電気代の削減にもつながります。

※時刻設定を間違えて設定すると電気代が高い場合があります。

電気温水器との違い

電気温水器も電気の力を使ってお湯を温める事は同じですが、「温め方」「電気代」「設置スペース」の3つに違いがあります。

温め方
電気温水器の場合は、単純に電気の力でヒーターを温めて、タンクに貯蔵してある水をお湯に温めていくという手法です。一方エコキュートの場合は、電気を使ってヒートポンプユニット(室外機)を回して空気を取り込み、その空気をコンプレッサーで圧縮することにより高熱化してお湯を温めます。
電気温水器の仕組みは単純であるのに対してエコキュートの仕組みは複雑です。

電気代
エコキュートと電気温水器においては、エコキュートに分があります。メーカー試算によると標準的な家庭において1ヶ月に必要なエコキュートの電気代はおよそ1,000円前後であるのに対して、電気温水器の場合は3,000円前後とエコキュートは電気温水器に対してたった1/3の電気代で済むことになります。
効率性(月々の電気代)で言えば、エコキュートが電気温水器を大きく上回ります。

設置スペース
設置スペースについては、エコキュートの場合、貯湯ユニットとファン(室外機)の設置が必要であるのに対して、電気温水器については、貯湯ユニットでお湯を作ることができるので、省スペースです。
室外機が設置でき無い場合や、貯湯ユニットを置くスペースが十分に確保できない場合は電気温水器の利用が優先される場合もあるようです。

株式会社阿部電設
〒562-0013 大阪府箕面市坊島2丁目4-19
TEL:072-734-7138
FAX:072-734-7139